へルニア・座骨神経痛で

お困りの方へ

椎間板ヘルニアの椎間板というのは背骨と背骨をつなぐ
軟骨のことで、粘り強い性質を持っています。


このおかげで、背骨の強さとやわらかさが
つくられているのです。

ところが下の方の腰椎では、体重の約3分の2の重さ
を繰り返し支えているので、
30歳頃、

はやい人では10代後半、20代前半から、
少しずつ弱くもろくなってきます。


 

​原因

そもそも人間は進化の過程で二足歩行を
するようになってから、重たい頭や体を支える為に、
特に何もしていなくても
腰や足、肩、首に負担をかけています。

椎間板ヘルニアは・・

この椎間板が身体の左右のバランスが崩れることによってへしゃげて

いくと神経を圧迫していきます。

​これが椎間板ヘルニアのしびれや痛みが出る原因です。

脊髄から出て足へ向かう神経を圧迫します。

このため、お尻、太もも、ふくらはぎが突っ張って痛くなり足がしびれてきます。

 

この痛みやしびれを坐骨神経痛といい、坐骨神経はほとんどが腰椎椎間板ヘルニア

によって起こります。

 

背骨を伸ばすと痛みが強くなるので腰を曲げて歩いたり、

寝るときは、膝を曲げて横向きに寝るようになります。


 

腰が痛い・・・

放っておくとヘルニアや坐骨神経痛に進行します。

なるべく早く治療しましょう。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com